会員の声

このページでは、NBCCに賛同いただいた会員の皆様によるインタヴューを掲載いたしております。

合同会社 NBCC:執行役員
山岡 喜紹 Yamaoka , Yoshitsugu
                                                   

「企業コラボレーションについて」

私は現在、(株)コミュニティプロデュースNAMAZUという会社を立ち上げています。この会社は社員が少ないので、私の人的ネットワークの力をお借りする意味で「NAMAZU CLUB」というコミュニティを作り、協業体制を作っています。それ以外にNPO「IT百選アドバイザークラブ」の理事長を務め関西中小企業支援ボランタリー活動をやって7年になります。この度はこのNPOが新たに「産業支援型NPO連絡協議会」という形で他NPOとの協業で「産業支援シニア活動センター」としての役割を担うことになりました。いずれも、シニアなまだまだ働ける方々の力を余裕あるワークスタイルで発揮していただく活動です。

今回、NBCCの事業コンセプトもシニアな有能な人材を機能させ、中小企業活性化支援に貢献しようということを理解しており大いにその主旨に賛同する一人です。それと新しい協業モデルとして、コラボレーションモデルを指向している点も共鳴するものです。今まで私は、IBMで営業現場に身を置いてきましたがやはり、取引関係つまり交渉(ネゴシエーション)によるつながりが主体でした。

しかし、小さい集団・コミュニティの集合体として機能さすには新しいコラボレーション型が必要と考えています。コラボレーションとは目標やシステムを共有することでwin-winの関係をつくる協業の形だと思います。NBCCとは目標とシステムを共有して、位置づけを明確にビジネスを遂行するというコラボレーションを進めていきたいと考えています。お互いにいい方向に発展しようではありませんか。

合同会社 NBCC:パートナー会員
Webクリエイター
新井 淵仁 Arai , Ennin
                                                   

「企業コラボレーションについて」

私は、主にWEBコンテンツ事業に関するディレクターとして、
ITを用いたメディア戦略全般に携わっています。

もちろん、様々なお客さまからの企業ブランド確立、およびその展開手法についてお手伝いさせていただくなかで、
各企業間でのコラボレーションを積極的に進めております。

その基本姿勢ともいうべき内容が下記のマニフェスト=宣言です・・。

1)trans / tribal media

すべてのビジネスは、コミュニケーションで成り立っている。
コミュニケーションの構成とは、相手側とこちら側との経済文化的な編集モデルのやり取り=折衝である。
経済文化的な編集モデルとは、それぞれの立場が確立されるに至るまでの過程に関するデータの組み合わせ方法である。
よって、同じ場所(国・地域など)であっても、言葉や習慣の違いがあれば経済文化的な編集モデルは異なっており、その交流は既に-常に行われる。

2)trans / tactical media

情報伝達ツールの混合体としてのメディアでは、すべての情報の検索・区分け・再構成が瞬時に行われ、また瞬時に再配置・再配分される。
情報交換の力場=触媒の構成とは、異なった複数の成立過程を持つ情報伝達ツール(デレビ・ラジオ・Webなど)の混合体である。
すべてのメディアは、情報交換の力場=触媒(medium)の集合体として成り立っている。
よってメディアにおいては、すべての情報を誰が・いつ・どこで・何を・どのように編集したのか?が最も重要となる。

3)open the place

今後の課題は、メディアを通じた経済文化の新たな自立領域の創出とその継続展開に比重が置かれる。
その為に必要なのは「場所をあけろ」という意思表示と情報の編集作業=必要な門(ゲート)の生成、および即時的な接続=ビジネスへの転用である。
私たちは、爽やかな風通しの良いコミュニケーションと確かな技術を手に、現代社会の向こう側を見据え続ける。

・・NBCCとの出会いも、敬愛する伊藤コンサルタントより「場所をあける」ための意思表示を頂いたのがきっかけです。

今、何よりも求められているのは、それぞれの企業が持っている知識・経験・ノウハウ・人脈などのナレッジをマネージメントし、
ビジネスとして適用していくことが可能な場所の創造だと思います。

NBCCは、まさにそのような新しい場所であり続けようとしています。

特に、NBCCでの企業コラボレーションで特徴的なのは、私たちのような企業からのアクションに対して、団塊世代キャリアの様々な方々がお持ちの知識・経験・ノウハウ・人脈をフルに活用したかたちで、迅速・柔軟にリアクションを起こし、対応してもらえることです。

実際、本当にいろんな方々との出会いを通じ、飛躍的にコミュニケーションの範囲が広がっております。
当然、ビジネスとしても大変有益にコラボレーションさせていただいております。

この世代間を越えた自立領域としてのNBCCに、キャリアの方々・企業の方々、そして若い人材の方々も、どんどんご参画いただけるのを楽しみにしております。

合同会社 NBCC:代表社員
破棔‖沙 Sugimoto , Takashi
                                                   

企業とそこで働く個人の関係は、「相互拘束関係」から「相互選択関係」に移行しています。
この関係変化の必然的な結果として、個人から「選ばれる企業」と「選ばれない企業」、企業から「選ばれる個人」と「選ばれない個人」といった二極化が進行しています。
また、「カネ」や「ポスト」といった従来型の報酬を武器にして社員のモチベーションを引き出すことができない時代になりました。
また、社会における企業の役割があらためて問われつつあるなか、短期的な利益の実現のみにとらわれず、クライアント企業の長期的かつ本質的な成功につながる提言のあり方をつねに追求してきました。
今後はさらに皆様に新しい価値を感じてもらえるようなサービスを提供し、より一層の事業の成長を実現するため、社員一同全力を尽くす所存です。
なお一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 





前のページ
会員一覧
コンテンツのトップ 次のページ
会員専用コミュニティ


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
サイトマップご利用についてプライバシーポリシー
Copyright © 2007 NBCC. All rights reserved.